ついに、二口ガスコンロ購入

今回、ニュージーランドでの、バンライフが予定より長引いたことから、

念願のキャンプ用二口ガスバーナーと2KGガスボトルを購入!

この記事では、ニュージーランドのキャンプガスコンロの比較検証結果を紹介しています

 


どこで買える?

ニュージーランドのホームセンター

  • Mitre10
  • Bunnings

 

などのホームセンターで売っています

どれだけコスパが良くなるの?【比較検証】

実はわたしたち、ニュージーランドの車中泊中に、三種類のガスコンロを使いました。その3つの価格比較検証してみました

※すべては、ニュージーランドで購入した価格の比較です!

おおよそ毎日1ヶ月間使い続けたことを例に比較します

カセットガスコンロ

  • カセットガスコンロ 25ドル

  • ガスボトル 4本セット7ドル / 一ヶ月おおよそ16本消費 28ドル

(毎日車内で料理し2日で一本のガスボトルを消費1ヶ月で15本は確実に使用)

 

メリット

初期費用が安い

場所をそんなにとらない

デメリット

壊れやすい(長期間での使用を考えるのであれば、ガスボトルはそんなに安くはない)

1ヶ月合計 53ドル

シングルバーナー

  • シングルバーナー 45ドル

 

  • ガスボトル 一本 12ドル / 一ヶ月48ドル

(450gのガスボトルを1週間一本のペースで使ってました)

 

メリット

キャンプ用に作られているので、比較的火力が強い

場所をとらない

デメリット

一本足で立つので不安定

コスパはカセットガスコンロよりも多少いい

1ヶ月合計 93ドル

ツーバーナー(二口コンロ)

  • ツーバーナーコンロ99ドル
  • 2KG ガスボトル39ドル+ガス代が15ドル (おおよそ1ヶ月分)

ガスは、ガスステーションによって価格変動する恐れがありますので、目安として考えてください

メリット

火力が強い

安定しているので、料理しやすい

(私たちは風除けつきのものを購入。

お店に行けばたくさんの種類がありますが、個人的に私はこのガスコンロをおすすめ。

ニュージーランドワーホリにきて、車中泊生活をしている人のほとんどがこの【Gas mate】ガスコンロを使うほど、人気で王道の品!)

長く使えば確実にコスパがいい

ガスボトルを使っていた時は常に、ガスボトルのゴミをたくさん出し環境に悪かったが、今回購入したガスボトルは、入れ替えできるので環境にも良い

デメリット

ガスボトルがでかいため場所をとる

注意しないと大事故につながる

(きちんと、窓を開けて調理、料理終わりはしっかりガスの元栓をしめる。基本的なことですが、しっかり注意しないと、大事故にもなりかねないので、車内で、火を扱う時はしっかり取り扱いに注意する)

1ヶ月合計 153ドル



比較検証まとめ

 

カセットコンロ

ポータブルシングルバーナー

ツーバーナーコンロ

1 ヶ月目(初期費用コンロ代を含む)

$53

$93

$153

2ヶ月目(以降ガス代のみを足した価格↓)

$81

$141

$168

3ヶ月目

$109

$189

$183

4ヶ月目

$137

$237

$198

5ヶ月

$165

$285

$213

6ヶ月

$193

$333

$228

7ヶ月

$221

$381

$243

8ヶ月

$249

$429

$258

9ヶ月

$277

$477

$273

10ヶ月

$305

$525

$288

 

表からもわかるように、

1ヶ月のみ旅をするというのであればカセットコンロをおすすめ

10ヶ月以上を車内で過ごすまたは、今後車を少しでも高く売りたいと思うのであれば、ツーバーナーコンロとガスボトルの購入は良い投資だと思います。

ちなみに、カセットコンロは、6ヶ月で潰れてしまい、私たちは、ポータブルシングルガスバーナーに変更しました。

半年以上旅するよ って決めてるなら、はじめからツーバーナーガスコンロとガスボトルをおすすめします。

私達は、旅の初めにおおきな投資をしなかったために、3つのタイプのガスコンロを使うことになりました。

今では、もう半年以上バン生活をしているので、

はじめから、ツーバーナーコンロとガスボトルを買っていたら良かったなと後悔しています。

 

そしてなにより、2口のコンロとLPGガスボトルのセットは、火力が強いので、確実に料理の幅が増え、料理が楽しくなること間違いなし♪

今回は、私達の生活基準での比較検証なので、ガスボトルの消費量、壊れる速さ、ガスボトルの価格(たまにセールで安かったりもするし、田舎や観光地は、比較的たかかったり・・・)多少の差はありますが、誰かのお役にたてればな〜とおもいます

 

おまけ

・どこでLPGガスボトルのガスを入れてもらえるか

“LPG GAS refiell” とグーグルマップで調べるとでてきます。

注意!

どこのガスステーションでもこのサービスがあるとは限らないので、ガスがなくなる前に、調べておきましょう!

 

・どうやってガスをいれてもらうか

まず店員さんにLPGガスボトルの補充をしているか確認。

ほとんどのガスステーションがボトル交換です。

2KGなどの小さいガスボトルの交換は、ほぼないので下記を参考に店員さんに確認

「Could you refill a LPG bottle? (LPGボトルの補充かできますか?)」

もししていなかったら、

「Do you know if there is a shop that can refill a LPG bottle ?(LPGガスボトルに補充してくれるお店を知っていますか?)」

もし、補充できるお店が見つかれば、店員さんに何キロのボトルなのかなどを聞かれ、店員さんがガスを入れてくれ、最後に値段を言われます。

そして、レジカウンターで値段を伝え、支払い→完了です。

それでは、キャンプ旅にいってらっしゃ〜い!


Pocket
LINEで送る

Tomo

投稿者について

Tomoです。社会人4年経験後、ふとこのままで人生いいのか?とフィリピン留学3ヶ月英語を学び、英語をリアルにもっと使ってみたくなりオーストラリアワーホリ一年。その後、もっと英語にハマり、もっとうまく話したいと思うようになり、フィリピン留学を4ヶ月。違う国も知りたいと思い、ブログの相方ハヤトとニュージーランドワーホリ中。趣味は旅行。最近はまっていることは、ECO、Sustanabilityについてのユーチューブを見ること。私達のすみかである、地球を守ることを学んでいます。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA