「ワーキングホリデーに行く前に現地で学校にいこうかな?」

と考える方は多いのでしょうか?

私も、実際に、フィリピン三ヶ月留学後、オーストラリアへとびたち、

不安いっぱいで、いっぱいで、現地語学学校一ヶ月と、ホームステイ先を

エージェントにお願いし、手配してもらいました。

 


実際、ワーホリ中の語学学校に行くべき?

この答えは、行くとしても1ヶ月です。

 

なぜ学校に行きたいかの【3つのポイント】

(*この3つに当てはまる方は、学校へ行くにしても、1ヶ月で十分です)

・友人づくり

・仕事探し(=コネがあれば見つかりやすい=人脈)

・英語になれたい(生活全体になれたい)

大多数のワーキングホリデーを使い語学学校へ行く方は、初めての海外生活が不安だからだと思います。私もそうでした。

なぜ一ヶ月だけの通学をおすすめするかというと

語学学校に来る人たちは、ワーキングホリデーの初めての一ヶ月。

または、ワーキングホリデービザが自国にはないため、

学生ビザを使いながら滞在している人がほとんどだから。

これをふまえてお話すると、もちろん不安に思っていた、友達づくりはできます。

仕事探しに関しては、運が良ければその友達が働いているところの空きがあれば紹介してくれます。

さらに、宿探しや、ケータイのSIMの契約、銀行アカウント開設など、

これに関しても、1ヶ月で十分です。授業はほぼ半日のみなので、

その後、先生をつかまえて履歴書添削もしてくれるでしょう。

はじめにお伝えしているように、語学学校に来る人達、特に同じクラスになる人達は、

もちろん英語力が自分とだいたい同じです。

実際、友人からローカルの、かなり待遇の良い仕事を紹介してくれるかというと、

これはかなりのレアケースだと思ってください。

 

ネイティブの発音に慣れたいとおもうなら、

最長でも2ヶ月でいいと思います。

なれて、聞き慣れてきても、外で、実際に、

自ら英語を使わないと話が続かないので、なれてきたら、

アウトプットにフォーカスをおいて、会話のキャッチボールの練習をするべき

(学校でも会話中心の授業もありますが、全く興味のない話についてディスカスしなければいけないなんてことはたくさんあります。

まず、日本語で質問されても答えが自分の中に出てこない状況で、

英語を使い話せと言われても無理です。

たくさんボキャブラリーをインプットした人でいろんなジャンルで視野を広げ英語学んできた人は話はできるでしょうが・・・・

そんな人はまずワーホリのはじめに、不安だとすら思ってはいない、まず語学学校は考えないでしょう)

 

例えば、アイエルツやトイフルなど、その他にきちんと英語学習する目標があれば、学校でその試験の答え方のコツをしっかり学ぶべきですが、

日常生活に必要なことになれていきたいと言うなら、1ヶ月で十分。

1ヶ月で大体の、英語で英語を学ぶというニュアンスを学び、

その後、英語学習者に人気の グラマーインユースの参考書 を徹底的に独学。

 

ワーキングホリデーでは、リアルに働いて生きる英語を学ぶ・使う+独学(アウトプット・インプット)

その他、現地イベントに参加してみる、旅行をしながら、バックパッカー住まいをし、

他国からくるたくさんのトラベラーまたは、バックパッカーとしゃべり、

時には、飲んだり、異国の料理を一緒に食べたりという時間に使い、

アウトプット中心の勉強方法にし、楽しく、スピーキング向上にもつながり一番効率がいいような気がします。



フィリピン留学にも行ったけど、現地の生活が不安・・・現地の学校に行くべき?

私もかなりの不安症なので、この不安な気持ちはかなり理解できますが、

フィリピン留学と現地語学学校の両方に行ったからこそいえることは、

フィリピン留学に行ったのであれば、現地語学留学は行く必要はない。

というより、学習量がかなり希薄に感じるというのが私の正直な意見です。

なぜ、ここまできっぱり断言できるかというと、

私の一緒の時期に通った友人が、フィリピンで語学留学後、ワーキングホリデーで英語圏に渡航。

その後、口を揃えて言うのが

授業いみある?楽しいけど、一ヶ月でいいね。。。ということでした。

4ヶ月以上現地語学学校に申し込みしてた友人なんかは、語学学校を途中でやめてました。

現地語学学校のデメリット

フィリピンでは、マンツーマン授業があり、インプット、アウトプットの時間がしっかり設けられている。また、授業は、丸一日で8クラス受けます。

このあたりを英語圏語学留学の学校とくらべると、英語圏語学留学は

授業時間は少ないのに、学費は高い

マンツーマン授業がないから、一人が発言する時間が短い=アウトプットが少なめ

メリットを上げるとしたら、ネイティブの発音に少し慣れることができる。友達が、普通に努力せずできる。これくらいです。

どうすればワーホリ生活成功できるの?

これはみんな思うんじゃないでしょうか?答えは、

自分で目標を決め実行するのみ!あとは、なんといっても楽しむ!これに尽きると思います。

私は、ワーキングホリデーでオーストラリアへ到着後、1ヶ月語学学校に通い、友人もできました。現地でケータイキャリアの接続、銀行開設、履歴書制作を一ヶ月ですませました。

その後、学校に通いながら履歴書をたくさんのレストラン、カフェに手渡し、

なんの仕事でもいいからくださーい!!と履歴書をくばり回りましたが、ずっと仕事は見つからず。

その後、日本から決めた一ヶ月間のホームステイ先を出る日が、

また、語学学校の最終日を迎えるはめに。

とりあえず、今後この街で過ごすのか、移動するのか迷っていたので、安宿のバックパッカーに滞在しようと、お引越し。

そこで、たくさんのバックパッカーに出会いました。

そして、ホームステイさせてもらったオーナーよりも、学校で出会った友人よりも、バックパッカー生活(ワーホリ生活)が長い先輩たちに安宿で出会うのです。

そして、たくさんの仕事や海外生活のアドバイスを先輩旅人たちからもらう事ができました。

その滞在中のであった人から、私の人生にたくさんの選択肢をもたらしてくれ、

とっても楽しくワクワクしたことは今でも覚えています。

 

なので、結論をいうと、

学校に行くのもいいけれど1ヶ月で十分。

ワーキングホリデーで有益な情報は学校以外でもたくさんあふれている。

むしろ、学校にはいない経験者の情報がリアルで一番役に立つ

(あとから考えればわかるのですが、同じ境遇に集まる人は同じ悩みを抱えている)

もし、不安ならフィリピン留学で英語を学んでみる!

ワーホリ前のフィリピン留学の価値は?あるの?

それではまた〜〜(^^)



Pocket
LINEで送る

Tomo

投稿者について

Tomoです。社会人4年経験後、ふとこのままで人生いいのか?とフィリピン留学3ヶ月英語を学び、英語をリアルにもっと使ってみたくなりオーストラリアワーホリ一年。その後、もっと英語にハマり、もっとうまく話したいと思うようになり、フィリピン留学を4ヶ月。違う国も知りたいと思い、ブログの相方ハヤトとニュージーランドワーホリ中。趣味は旅行。最近はまっていることは、ECO、Sustanabilityについてのユーチューブを見ること。私達のすみかである、地球を守ることを学んでいます。

おすすめ: