No という勇気ありますか?

いつも、YES の返答で、できないことややりたくないことを無理矢理引き受けていませんか?

今回、日本で YESマン だったわたしが、 ”ノー!!”  と言えるようになって人生楽になった経験談をベースに

ノー!と言えるようになってよかったと思うことを記事にしていきたいと思います

 

今、なかなか、職場で ”ノー!” と言えない

友達付き合い、飲み会、ママ友会などのいきたくないけれどお断りできない

自分に正直になれていない。。。そんな自分にうんざり

なんて方に見ていただきたいです


なぜ”ノー”が言えないのか

  • みんなに好かれたい=他人から自分を悪い人間だと判断されたくない
  • 人間関係を壊したくない
  • 自分よりも他人を優先している
  • 頼られるほど自分に価値があるとポジティブ思考すぎ(利用されやすい人間)

わたしも、常に、自分の意思よりも他人に好かれたいという感情が強く

常にお誘い、頼み事を断れない人間でした

自分の時間を他の人のために消耗していました

ノーとお断りできないのは、

自分が他人に優しいからだ

自分はとても他人に優しい人間だと

人助けが大好きなやさしい人間なんだ

と自分に言い聞かせていました

 

断る事で自分を守る

断れないことでおこるデメリット

  • 全てのことを引き受けてしまうことで時間に限りができ、ミスが増える
  • 自分の感情に正直になっていないという真実から、目に見えないストレスにつながる
  • 断れないことによって、自分の時間を他人のために使っている
  • 全てを引き受けたために自分の時間がなくなり本当に自分にとって何が大切なのかわからなくなる

 



断るメリット

  • 自分に何が大切なのか決断力が上がる
  • 自分の感情に正直に生きることでストレスが減る
  • 自分軸で生活することにより、生活の質が格段に上がる
  • 自分の時間が増える
  • 一度、断る事で自分に勇気がでる(自己肯定感が上がる)

 

断り方

断るメリットやデメリットはすごく共感できるけれど、どうやったら断ることができるようになるの?

と思いますよね

もちろん、簡単ではありません

自分が嫌われてしまうんじゃないかとおもう恐怖心から、断れない時期がわたし自身もたくさんありました

ですが、一度断ってしまう、

または、断ることを続けることで、断ることは慣れてきます

断っても、誘ってきた本人は意外と気にしていない

もし誘ってきた人が断ったことを気にする

ずっと根に持っている人だったとしても。。。。

そんな人は、あなたの尊敬する人や、大好きな親友や大好きな人でしょうか?

もし、自分に関わっていてプラスでない人や、自分から尊敬、好意を持たない人であれば、嫌われても大丈夫です

嫌われる勇気を持ちましょう

もし、自分のまわり全員がそんな人たちというのであれば、

自ら環境を変えましょう

自分の身の回りの環境を選ぶ権利は自分にあります。

環境を変えると人生が変わる話

この記事では、自分に周りの環境の重要性について紹介しています

よければこちらもどうぞ!




話は少しそれましたが

断り方のまず一歩は、

断る前の決断からです

(日々、自分軸で選択する、決断すると言うことで幸せの道は開けてきます。人生は、選択の繰り返しです。)

 

お断り

感謝も伝えるがきちんと「自分は〇〇をする予定がある、または、〇〇の理由で引き受けることはできない。参加することはできない。」と正直に伝えましょう

もし、面と向かってすぐに返事をかえせないようであれば、

「一度スケジュールを確認してから折り返し連絡したい」と伝えてみるのもいいと思います

面と向かって断れないなら、メールや電話でお断りするということもことわる手段のうちです

 

人生において、人間は日々決断しているので、その決断するベースが自分軸であれば、自分を犠牲にしていないのでストレスを感じることはありません

今あなたがこのブログを読んでいるのも

小さいことですがこれも一つの決断。

常日頃から私たちは

枝分かれのような選択肢の中で生きてます

 

まとめ

 

やりたくないことや、自分に時間がなくてできないとき

これは自分を犠牲にしていると感じたとき

まずは、一度勇気をふりしぼって断ってみましょう


 

もう少し、自分と会話をし、自分に優しく、

自分の気持ちによりそってあげてみてもいいんじゃないでしょうか?

自分を守り、自分に優しくなってからこそ人にも優しくなれるとわたしはおもいます

 

わたしも人に好かれることをやめてから人間関係が楽になり、いい人間関係が築けるようになったと実感しています

一度きりの人生、人に時間を消耗され続けていては、1年、10年、50年なんて本当にすぐすぎてしまいます

断ることを身につけ、自分らしい人生を生きてみませんか?

Pocket
LINEで送る

投稿者について

Tomoです。社会人4年経験後、ふとこのままで人生いいのか?とフィリピン留学3ヶ月英語を学び、英語をリアルにもっと使ってみたくなりオーストラリアワーホリ一年。その後、もっと英語にハマり、もっとうまく話したいと思うようになり、フィリピン留学を4ヶ月。違う国も知りたいと思い、ブログの相方ハヤトとニュージーランドワーホリ中。趣味は旅行。最近はまっていることは、ECO、Sustanabilityについてのユーチューブを見ること。私達のすみかである、地球を守ることを学んでいます。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA