仕事の見つけ方

バックパッカーボード(backpackerboad)という、ワーホリの人たち向けに求人を出しているサイトで見つけました

そこに、コントラクターという、仲介人がいて、その方を通して、ファーム会社に派遣されます

派遣された会社名は、Avocado Heaven です

時給

最低時給が18.9ドル(2020年現在)のところ、19.4ドルでした

天気に左右される仕事で、雨が降れば仕事は休みになります

ちなみに、アボガドファームの多いタポラ(Tapora)エリアは、結構な頻度で雨が降ります

とくに、ピッキング時期の7月から8月は、週3で雨が降ったようです

(私たちはプルーニング時期に働きました。この情報は、ピッキングとプルーニング時期の両方働いた友人からの情報です)

どんな仕事がある?

わたしが働いた2020年の8月から9月に経験した仕事内容を紹介します

プルーニング

枝切りの仕事です

光を遮っている木の中心に生えるおおきな幹を切ります

そして、下に向かって生える枝切りは、実がついたときに、実が地面ににあたり商品にならないので、膝から下ほどの高さにある枝も切っていきます

使うのは、

Looper (ロッパー)と Handsaw (ハンドソー)です。

道具は会社から貸してもらえました。たまに、会社側から、自分で購入してね!と言われる時もあるので、道具のことは働く前に、きちんと自分で用意する必要があるのか確認しておきましょう。

自費で買うとかなり高いです



 

ピッキング

アボガドのピッキングです

7月のピッキングピークの時期に実らなかった木に、遅れて実ったアボガドのピッキングと、

ピッキングシーズンに1度ピックしたけど、さらに実った木のアボカドピッキングをしました。

なので、あまり沢山の量ではありません。

アボガドを手でもぎ取り収穫し、バケツに入れる。そのあとにトレーラーの大きなカゴに入れていくというかなり簡単なピッキングでした

ちなみに、ピッキングのピークシーズン(7-8月)であれば、かなりの大きな袋をウエストにつけて、アボガドピックをするので、非常に体力仕事になります

おおきな木であれば、機械に乗ってピックするところもあります。

イリゲーションのチェック

水やりは、全て機械を通して自動的に行いますが、その機械のチェックは、全て一つづつ人間が行います

水がでてくるホースに穴が開いていないか

きちんと水が出るか、水が出るところが壊れてないか、すべて果樹園内を歩き回りその機械を引っこ抜き、手でチェックしていきます

パインツリーのプランティング•肥料やり

パインツリーとは、松の木で、ニュージーランドでは、沢山のファームや果樹園で風除けとして使われています

松の木のベビープラントを会社が購入し、そのプラントを一つづつ手で植えていきます

スコップを使い手作業で行います

そのあとに、肥料をまいていきます

 

ワイヤー外し

アボガドの木が地面から垂直に綺麗に上へ伸びるようにするため、ワイヤーとクリップで木を支えます

木が大きくなるとワイヤーが邪魔になるので、ワイヤーを切り、不要になったワイヤーを回収します

全て手作業です

バナグラスワーク

バナグラス(banagrass)という植物が、小さなアボガドの木を風から守っています

バナグラスは、ファームの仕事において色々な用途で使われるので、色々な種類の仕事があると思いますが、私たちがしたのは、バナグラスカッティングとプランティングです

バナグラスをロッパー(looper)でカットし、カットした茎を土に埋めていきます

 



勤務時間

一日、8時間労働

雨の日は休み。週月から金曜日まで

(週中に雨があったり、仕事内容が多い時は週6になります)

7:30から4:30まで(30分の休憩が2)

週おおよそ40時間ほど

場所

タポラ(Tapora)という、オークランドに位置するド田舎にある大きなアボガドファームです

そのほかにもマウントマンガヌイ周辺にもアボガドファームがあります。

木が大きければ、ピックやメンテナンスに機械を使うので、バックパッカーはあまり雇っていない会社もあるようです。

わたしが仕事を探していたときに、バックパッカー向けにアボガドジョブの求人をよく見たのがタポラです(といっても、アボガドジョブはかなりレアです)

タポラから、一番近いスーパーまでは、片道車で30

大きな、格安スーパー(Pack N Save)までは片道、車で1時間

かなりの田舎に位置するファームなので、車がない方は、カーシェアする友達を見つけてアプライしない限り、ここで働くことはできません

住む場所

ファーム内にファームハウスがあります

シェアハウスで住むなら120ドル

車中泊なら共有キッチン、ルーム、シャワー、トイレが利用でき70ドル

稼いだ額

1ヶ月と3週間働き稼いだ手取り額は

4453ドル

1週間の平均額は

756ドルです

(この額は、アコモデーションのシェアハウス利用料120ドルを引く前の金額です)

個人的に、仕事内容もそこまでハードではなく、スピードなど、焦らされることもなく、リラックスした職場の環境だったので、この金額は、妥当、もしくは、良い方かなとおもいます

毎日絶景を見ながら仕事ができます

また、ど田舎だからこそ、お金を使うことが、ほぼない

週一の休みにスーパーに行く以外、お金の使いどころがありません

また、このファームの周辺には、天然のオイスターやコックルという日本でいうアサリのような貝が沢山採れます

アボガドは食べ放題です

アコモデーションもファームの中にあるので徒歩での通勤なので交通費はゼロ

まとめ

  • 田舎好きなら是非オススメしたいアボガドファームでの仕事!毎日絶景が観ながら働ける
  • アボガド食べ放題なので、アボガド好きは、アプライすべし!
  • ワークビザサポートがでやすい(ニュージーランドのアボガドのビジネスはかなり拡大中です。ここの会社では、さらに土地を購入しアボガドビジネスを広げていました。実際、ワークビザのお声がかかりましたが、フルタイムとしての待遇が悪そうだったのでお断り)
  • 小さい会社が多いので、多種多様な仕事を経験させてくれるところが多く飽きない!(わたしは、ピッキングの仕事ばかりしているといつも2週間後には飽きていました)
  • 田舎にあるため、時給は最低賃金より少しだけ上!買い物にいく回数や外食が減り自然とお金が貯まる!
  • 給料は、平均して週40時間働くので、良い方!

ニュージーランドでのアボガドファームジョブは以上です!



このブログでは、そのほかにも私たちがニュージーランドで働いたファームジョブを紹介しているので、興味があれば他の記事もご覧くださいご覧ください〜(^^)

Pocket
LINEで送る

投稿者について

Tomoです。社会人4年経験後、ふとこのままで人生いいのか?とフィリピン留学3ヶ月英語を学び、英語をリアルにもっと使ってみたくなりオーストラリアワーホリ一年。その後、もっと英語にハマり、もっとうまく話したいと思うようになり、フィリピン留学を4ヶ月。違う国も知りたいと思い、ブログの相方ハヤトとニュージーランドワーホリ中。趣味は旅行。最近はまっていることは、ECO、Sustanabilityについてのユーチューブを見ること。私達のすみかである、地球を守ることを学んでいます。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA