ポータブル電動コーヒーミルってなに?

小型で持ち運びができる!電動でコーヒーの豆を飲みたい時にすぐに挽けるすぐれものです

わたしは、今回【BRUNO】というおしゃれでスタイリッシュなコーヒーミルを購入しました

この、コンパクトなボトルの中にドリッパーも入っているので、このボトルとお湯さえあればどこでも美味しいコーヒーが味わえます

使い方


(BRUNO の公式ユーチューブで使い方を公開してますので共有します)

 

価格

6050円 (楽天で送料込みで購入しました)

使ってみたメリット

  • 見た目がスタイリッシュでかわいい(見せる収納でもおしゃれにみえる)
  • このボトル一つとお湯さえあれば、挽きたてのコーヒーがどこでも飲める
  • USDタイプの充電だから、車中泊での旅行、車での日帰り旅行、キャンプ、オフィスでのパソコンに繋げての充電にもってこい
  • 自宅でミルを4時間充電を満タンにしていれば15回コーヒーが挽ける(1日〜3日は充電無しで十分にもつ)
  • 5段階で豆の挽く粗さをえらべる
  • 豆を挽き終われば自動で電源が切れる
  • コーヒーをボトルに淹れ、そのまま持ち運べる

感想

5年前、わたしは安いインスタントコーヒーを飲み続けていました。

コンビニで挽きたてコーヒー100円が買えるようになってから、コーヒーによりハマり始めました

意外と毎日のコンビニコーヒー100円を続けるのは、コスパが良くない、、、

ということで、ドリップコーヒーを家で入れるようになったけど、、、、時間も手間もかかる

家でドリップコーヒーを淹れて、家でしか、飲めない><

結局、外では毎回テイクアウェイコーヒーを買っていました><

この商品を見つけてから、会社や、キャンプ、旅行先どこでも、すぐに挽きたての味わい深いコーヒーが飲めるようになりました

毎日のテイクアウェイコーヒーの値段を考えるとだいぶの節約にもなり、ゴミも減り環境にもいいなとおもっています

あと、挽きたてコーヒーを飲んでみた味の違いに驚いた!

”ひきたて”というキャッチフレーズが気になり調べてみると、コーヒーを挽いた”グラインドコーヒー”は酸化がいっきにすすみコーヒーの香りが減り酸味の味が強まるそう><

たしかに、グラインドコーヒーの豆を使ったコーヒーと挽きたて豆のコーヒーを使ったコーヒーでは味がかわります

本当に買って良かったなと満足していまーす(^v^)/

Pocket
LINEで送る

投稿者について

Tomoです。社会人4年経験後、ふとこのままで人生いいのか?とフィリピン留学3ヶ月英語を学び、英語をリアルにもっと使ってみたくなりオーストラリアワーホリ一年。その後、もっと英語にハマり、もっとうまく話したいと思うようになり、フィリピン留学を4ヶ月。違う国も知りたいと思い、ブログの相方ハヤトとニュージーランドワーホリ中。趣味は旅行。最近はまっていることは、ECO、Sustanabilityについてのユーチューブを見ること。私達のすみかである、地球を守ることを学んでいます。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA