Italki を使い始めて半年が経ち、レッスン価格を上げました。

レッスン価格を上げてすぐ、新規のレッスン予約が激減><

Preplyという資格なしでも日本語教師になれるサイトに登録。

いま、2つかけもちで、実際に日本語を教えています

どちらの方が使いやすい?どちらの方が稼げる?といった気になるところを紹介します♪

個人的に、長い目でみるとpreplyの方が稼げると感じています。

 

Italki と preply なにがちがうの?

Italki

Preply

1)手数料

15%

レッスン数で変わる(33~18%)

2)トライアルレッスン

30(手数料引かれない)

全額preplyの利益となる(1時間タダ働き)

3)レッスン料金

コースによって決められる

1つのコースのみ設定可能

4)レッスンの管理

自分で操作できる

スケジュールを開けていると自動的にレッスンが受付けられる

5)収入の引き出し手数料

Paypal=2%

Pyoneer=$3

Paypal=0%

pyoneer=$3

6)レッスン方法

クラスルームかスカイプ ほとんどの生徒がpreplyのクラスルームを利用

 

1)レッスン後引かれる手数料

  • アイトーキーは、一律15%引かれます(トライアルレッスンのみ手数料が引かれません)
  • preplyは、こなしたレッスン回数によって引かれる手数料が変わってきます

preplyレッスン回数ごとの引かれる手数料です↓

  • 0–20回→33%
  • 21–50回→28%
  • 51–200回→25%
  • 201–400→22%
  • 400+→18%

400回のレッスンを終えても手数料はアイトーキーより高いですね><

2)トライアルレッスン

  • アイトーキのトライアルレッスンはレッスン価格から手数料が引かれません
  • preplyでの初回トライアルレッスンするとレッスン価格全額preplyのものとなります(正直これはきつすぎ。。。><

 

3)レッスン料金

  • アイトーキーはレッスンプランを3つまで自分で決めることができます。プランごとに値段設定ができます
  • Preplyは、1つのレッスンプランしか作ることができません、値段設定も1つのみです。

*値上げについて*

どちらのサイトも自分でレッスン価格の値上げができます。

Italkiの場合は、値上げ変更後全員の生徒に値上げ後の価格が表示されます。

一方、preplyは、値上げ変更後既存の生徒は、初めてレッスンの連絡を取ってくれた値段から変更されません。

既存の生徒のレッスン価格を上げたい場合は、自分で生徒に交渉する必要があります。

 

4)レッスン管理

  • Italki は、24時間以内であれレッスンの変更管理が可能です。レッスン開始24時間前からはキャンセル・変更ができません(レッスン受付の 自動受付・手動受付 の設定ができます)
  • preplyは、4時間前までレッスン時間、日程の変更が可能。レッスン開始4時間以内であれば、変更・キャンセルはできません(スケジュールをあけた日に生徒がレッスンリクエストをしたら、レッスンは自動受付されます。しっかり自分でレッスンカレンダー管理する必要があります)

5)収入の引き出し手数料

  • Paypal で売上を引き出場合  Italki・・・手数料2%  preply・・・0%
  • pyoneer の場合 どちらも引きだし時に$3 かかります

6)レッスン方法

どちらにもクラスルームという独自のビデオ電話システムがあります

わたしのItalki のほとんどの生徒は、スカイプでのレッスンを希望します

preplyの生徒は、みんなpreplyのクラスルームを利用しています

(どちらも、絶対に独自のクラスルームでレッスンしなければいけないというルールはありません。

自分の使いたいビデオ電話のアプリを使うのがいいと思います。

生徒からスカイプかZOOMを使いたいというリクエストもあります。)

 

まとめ

個人的に、長期で続けるなら、稼げる方はpreply!

その理由は、preplyは、生徒がパッケージで○回分というまとめ買いしかできないからです。

継続的に日本語学習をしたいと考えている生徒が多いです。

一方で、アイトーキーは、1回ずつレッスン購入ができます。

なので、「たまに日本語をつかいたいな〜。」「いろんな先生と喋りたいな〜」という生徒が多いです

ケータイのプリペイドのように、その1回が終われば次は簡単にちがうケータイ会社に乗り換えできるのです。

preplyのデメリット

  • 初回のレッスン料が先生に入らないこと。
  • 初めの手数料が高すぎる(レッスン回数をこなせば手数料は下がっていきます)

ということです。

副業で長期間かけて本気で稼ぎたいと思う方に、おすすめですね。

逆に、Italki は小遣い稼ぎで、スキマ時間や、空いている夏休みだけやってみたいなど、短期的な小遣い稼ぎをしたい方におすすめです。

 

あと、もう一つpreplyのいいところがあります

資格なしの日本語教師であれば、preplyをおすすめします

なぜなら、Italkiは資格ありのプロ講師とチューター講師が差別化されています。

なので、資格なしの日本語教師の場合アイトーキでレッスン価格の値上げに限度がある気がしました

(何か、特別英語がネイティブレベルで話せる。何か特化したことについて日本語で教えられる。などの特別なスキルがない限り、プロ講師よりたかい値段設定するのは難しいと思います)

Preply と Italki を比較しました。

初めから、たくさん生徒が来ることは少ないです

時間があれば両方から生徒を集めるのがイイと思います♪

この2つ以外にも日本語教師になれるプラットホームがあります。

せひこちらの記事で紹介してるので興味がある方は、ご覧ください

資格なしでも日本語教師になれる方法

2021年の9月から半年で、合計230レッスンが終わりました。 三日坊主のわたしがここまで続いてるのは、このオンライン日本語教師が初めてかも。笑 日本語教師として資…

Follow me!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA