タックスリターンとは

日本でいう確定申告です

今回、どんな職種でどれぐらい稼いで、いくら返ってきたのかを発表します

2019年4月からニュージーランドのタックスリターンが自動化されました

自動化といっても、【Inland Revenue】 というサイトに個人情報とバンクアカウントを登録しなければなりません

Inland Revenue のサイトへの登録は、ニュージーランドで仕事をする前に、IRDナンバーを銀行にて所得するときに登録しています

(私は、3月末にInland Revenueからメールがきてタックスリターンに気づかされました)

IRDナンバーを所得していれば、なにかしら政府側からメールがくるので、きちんとメールチェックをしていれば忘れることはないはず!!

$1でもニュージーランドで稼いだことがある人は、タックスリターンの申請が必要です

(一年間の収入が$9880以下なら申請しなくてもいいようですが、例外もあるようですなんせ、もし、Inland Revenue からメールがきたら、申請をネットでするべき)

前年一年間(三月締め)で、計算されます

ちなみに、タックスリターンリターンは、毎年7月7日までに申請しなければなりません

いくら返ってくるのか【経験談】

実際に帰ってきた金額ですが、昨年2020年の3月までに働いた仕事は、

  • デイリーファーム(酪農業)——4ヶ月
  • チェリーファーム——3週間
  • ブルーベリーファーム——3週間

>>>デイリーファームに関しては、

始めの1ヶ月週5/8時間労働、残りの3ヶ月は週4になったり、週5日になったり…乳搾りを手伝うときは早朝4時や6時出勤もまれですが、あったり…

時給は、20ドル

チェリーやブルーベリーファームに関しては、最低時給が保証されている中での、出来高制でしたが、、、常に最低時給でしか稼げていませんでした

おおよそ、18時間労働

天候に左右されるので、週5日は働いていない時もありました

おおよそですが、

3つの会社で働いた時間と金額は、合計5ヶ月と2週間で、$11800

返金された金額は、

$592.15

 


おまけ-NZで賢く生きる

格安に買い物できるショップ

今回は、お金の話なので、すこしでも、お金に困らず、ニュージーランドを楽しめるコツを紹介

スーパーなら

  • Pack N Save

確実に食料品が他のスーパーに比べて安い!

 

小さな日常雑貨が欲しいなら日本でゆう100均にあたる

  • Dollar shop
  • Coin save

にいくと、日本や中国の100均で売ってるものが少し割高ですが、購入できます

ちなみに、ダラーショップといっても、値段は様々!全て1ドルではるありませんwww

アジア人経営のお店がほとんだなので、橋とか、日本の洗濯物ネットとか、なんかこうゆうの日本で使ってたけど、ニュージーランドで探すとみつからない…ってときに以外と商品豊富にそろえてあるのがダラーショップ!

ちなみにニュージーランドのオークランドには、日本のダイソーがあります(私は、オークランドへ行ったことがないので、いくらくらいで売られてるのかはわかりません)

日本の100均に売ってるようなものが格安にほしいなら、ダラーショップをまず始めに立ち寄ることをオススメ〜♫

そのほか、日用雑貨が何でも安価で揃う

  • K mart
  • The wearhouse

古着などリサイクル品に抵抗がない方は、リサイクルショップもどこにでもあるので掘り出し物を見つけに行くのもおすすめ

  • Second hand shop
  • Opportunity Shop

とグーグルマップで検索すると場所をかんたんに特定できます

リサイクルショップの利用は、ゴミを減らせて環境にいいですね!

日本よりも、リサイクルショップが多く、使わなくなったものを寄付する住民が多い印象です

 

格安にファーストフードをたべる方法

  • KFCやBurger Kingでクーポンを利用する

ケータイで【KFC or Burger King Coupon】と調べるとお得なクーポンページが出てきます

それを、店員さんに見せれば、お得に食事することが可能

  • ドミノやピザハットには、持ち帰りピザ$5〜メニューがある

持ち帰りメニューで大体5ドルぐらいからの安いベーシックなピザメニューがあります

日本に比べるとかなり安い

 

  • Subwayでlongfootのサイズを購入

私の大好物なので、いつもlongfoot(カットされていないそのままの長いブレッド)を選ぶ

long footは、店員さんが、野菜をつめて半分に切ってくれます

もし、ラップを別々ににして欲しいなら

「Could you wrap them separately?(別々にラップしてもらえます?)」

と伝えましょう

いつもlongfootを頼み、半分づつに包装してもらい

半分を次の日の朝ごはんや夜ご飯にしたりしてます。

今回、ニュージーランドでの臨時収入となるタックスリターンについてと、生活に関してお得に生きるちょとしたお役立ち情報を紹介しました。

タックスリターンは、お金を稼いだことがある人は、絶対にする義務があるので、お忘れないように〜


Pocket
LINEで送る

Tomo

投稿者について

Tomoです。社会人4年経験後、ふとこのままで人生いいのか?とフィリピン留学3ヶ月英語を学び、英語をリアルにもっと使ってみたくなりオーストラリアワーホリ一年。その後、もっと英語にハマり、もっとうまく話したいと思うようになり、フィリピン留学を4ヶ月。違う国も知りたいと思い、ブログの相方ハヤトとニュージーランドワーホリ中。趣味は旅行。最近はまっていることは、ECO、Sustanabilityについてのユーチューブを見ること。私達のすみかである、地球を守ることを学んでいます。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA